TOP PROFILE/プロフィール works STORE LINK MESSAGE

白い夏

上村一夫初期傑作短編集1970-1972 「白い夏」
小池書院

儚く哀しくも、美しい-。
上村一夫が描く10の男女の物語。
表題作「白い夏」のほか、単行本初収録となる4作を含む初期傑作短編集。

【収録作品】
「Lagrima 涙」「白い夏」「完全なる答案用紙」
「深夜放送心中事件」「初恋は塩辛の味だといった女」
「春駆け落つる女」「白いパラソル」
「手のひらの汗と羞恥心の関係について」
「IN THE SMOG」「望郷」

amazon→

レビューを投稿

※いままで、ここでレビューを投稿したことがないときは、レビューを表示する前にこのサイトの管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではレビューは表示されません。予めご了承下さい。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 上村一夫 公式ツイッター
  • 上村一夫 公式Facebook
本サイトで使用している画像等を、当社の許可なしに、ホームページ上で
掲載したり、著作権者の承諾なしに複製等をすることは出来ません
©上村一夫オフィス